東京医科大学 学生?職員健康サポートセンター

センター概要

■概要
東京医科大学 学生?職員健康サポートセンターは、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)及び労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)に基づき、学校法人東京医科大学に属する学生及び教職員の健康管理全般に関して、専門的業務を行うことを目的とし、2017年9月に設立されました。2020年4月、センター長(精神科医)および看護師、臨床心理士、事務職員の体制で本格稼働しました。

■業務
(1) 学生及び教職員の健康管理に係る基本方策に関すること。
(2) 各施設における健康管理実施状況の点検、管理及び評価に関すること。
(3) 各施設の健康管理担当部署の業務支援に関すること。
(4) 健康管理に係る広報及び啓発活動に関すること。
(5) その他健康管理に関すること。
(東京医科大学学生?職員健康サポートセンター規程 第3条より)

センター長あいさつ

?東京医科大学で学ぶみなさま、東京医科大学で働くみなさまへ?

センター長

学校法人 東京医科大学 統括産業医

校医(メンタル担当)

(精神保健指定医?日本精神神経学会認定精神科専門医?指導医) 市来真彦

 

 みなさま、こんにちは。学生?職員健康サポートセンター(以下、「健サポ」)センター長の市来真彦です。当センターは、東京医科大学中長期計画のもと、本学で学ぶみなさまと本学で働くみなさまの身体と心の健康をサポートする目的で、平成29年(2017年)9月1日に発足し、uedbet赫塔菲贝蒂斯_uedbet西甲赫塔菲(加泰)官网2年(2020年)4月1日にリニューアルされて、今年度で4年目を迎えました。
 先月3月には我が国でもマスクの着用が個人判断となり、ゴールデンウイーク明けからはuedbet赫塔菲贝蒂斯_uedbet西甲赫塔菲(加泰)官网は2類相当から5類に移行することとなるなどようやく下火になってきている感はありますが、学生も職員もちらほら感染報告があげられているので、収まったとは言えない状況です。みなさまが元気に学び、元気に働いて、幸せな生活を送るためには、健康であることが大切です。「健康である」ということは「病気ではない」ということを意味しません。病気を持っていても健康であるということはどういうことか?それは学生のみなさまには講義において、職員のみなさまには研修会でお話ししますのでしっかり聴いてください。

 東京医大の健サポでは、「身体の健康」と「ココロの健康」と「感染症対策による健康」を三本柱として、みなさまの健康づくりのお手伝いをしております。私たち健サポは、学生と職員を対象に情報発信と健康相談を行っております。困り果ててから相談するのではなく、「困り果てる前に」ぜひ、当センターへアクセスしてください。お待ちしております。

学生健康サポート 

■学生専用掲示板「e自主自学」をご覧ください。 こちらから>>(学内専用)
 uedbet赫塔菲贝蒂斯_uedbet西甲赫塔菲(加泰)官网2年4月より、継続してオンラインによる相談を受けております。
 uedbet赫塔菲贝蒂斯_uedbet西甲赫塔菲(加泰)官网5年度も引き続き、ご相談を受け付けております。
 詳しくは、学内専用サイト(e自主自学)の当センターにアクセスしてください。

職員健康サポート

職員健康サポート専用ページをご覧ください。 こちらから>>(学内専用)            

 東京医科大学 学生?職員健康サポートセンター
  〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1

  電話: 03-3351-6141 (内線463,306)

  Email: d-kenkou@tokyo-med.ac.jp

ページトップ